PARC TOPことばの学校05.武藤一羊の英文精読

05.武藤一羊の英文精読
  "Reclaiming Work
  ―Beyond the Wage-Based Society"を読む

アンドレ・ゴルツ(Andre Gortz)という独創的な社会思想家・運動理論家をご存じですか。今年はこのゴルツの上記の本を読みます。60年代からパリで理論、実践の両面で精力的に活躍し、2007年84歳でお連れ合いとともに自死したゴルツは、政治的エコロジーの主唱者であるとともに、労働についての根本的見直しを提唱して、労働運動にもショックを与えました。現代資本主義は本来の意味の「仕事」(work)を廃止してしまった。したがって仕事を回復するためには「賃金」の上に成り立っている世界からの「脱出」が必要として、労働と収入の分離という大胆な提案を行いました。派遣切りと失業の嵐の中で生存権の保障としての「ベーシック・インカム」の提案が注目を集めていますが、この本はその草分けの一人のゴルツによるベーシック・インカムの理論的、哲学的基礎づけの論でもあります。150ページ弱の短い本なので一緒に読みませんか。

この講座のPDF版はこちら

全講座パンフレットのPDF版はこちら(約10MB)

講師
 武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所運営委員)

講座の内容
・2009年5月〜2010年1月
・隔週水曜日 19:00〜21:00
・全15回/定員15人
・受講料45,000円
テキスト
Andre Gorz "Reclaiming Work ? Beyond the Wage-Based Society"
  Polity Press, Cambridge, UK, 2005
日程
5月: 20
6月:  3、17
7月:  1、15、29
9月:  2、16
10月: 7、21
11月: 4、18
12月: 2、16
1月: 6
パンフレット請求

受講お申込み

ページの先頭へ戻る