PARC TOP環境と暮らしの学校20.オルタナティブ健康術!

20. オルタナティブ健康術!

人間には自身を健康に整え、癒す力がもともと備わっています。毎日疲れているな〜、なんとなく調子がでない、やる気がない・・・と感じているのは、自分を元気にする力・自己治癒力が弱まっているのかもしれません。 ストレスにあふれた都会暮らしの中でも、自然に元気と笑顔があふれてくる、そんな方法や考え方を、実践を交えていろいろな視点から学んでいきます。生命力・自己治癒力・精神力を高めて、よりよく生きるためのオルタナティブな健康術(アート)を身に付けましょう。毎日の生活ですぐに取り入れられるアイディアが、たくさんこのクラスには詰まっています。元気があればなんでもできる!!

この講座のPDF版はこちら

全講座パンフレットのPDF版はこちら(約10MB)



講座の内容
・2009年5月〜2009年12月
・基本的に隔週水曜日19:00〜21:00
・全13回/定員30人
・受講料32,000円
パンフレット請求

受講お申込み

日程

5月20日
オリエンテーション
治癒力を高める条件
■上野圭一(翻訳家/鍼灸師/日本ホリスティック医学協会副会長)

オルタナティブな健康は、検査結果の数値とは無縁なところにある。本講座の卓越した講師陣から、与えられた生を全うするために必要な知恵とノウハウを学んでいただきたい。

6月3日
日常動作を楽に愉しく
アレクサンダー・テクニークを使って
■石井ゆり子(アレクサンダー・テクニーク「littlesounds」主催)

立つ、歩く、ものを持つ、しゃがむ、声を出す、などの日常のなにげない動作を見直してみませんか? からだを通して自分自身に気づきを持つことは、まわりの環境と自分の関係を見直すことにもつながっていくでしょう。

6月17日
こころとからだのストレッチ・イメージの力
■菅原はるみ(ヒューマンアウェアネス研究所〈ハイ〉/カムネット評議員/臨床心理士)

レモンを想像するだけで唾液がでてくるように、無意識に眠っているイメージ力を活用できます。ストレス緩和法から自然治癒力発動法まで、イメージ法を体験する講座です。

7月1日
ホリスティックな癒しのために
人と地球と宇宙をつなぐいのちの世界
■藤波襄二

私は宇宙人である。宇宙で楽しくすごしていたのに母の胎内に閉じ込められ、この世に送りこまれてしまった。もうずいぶん時間が経ったので、私の眼も耳も脳もそろそろ賞味期限のようである。

7月8日
感じる! ツボ押し健康法
■宮下正義(鍼灸師/指圧あん摩マッサージ師/アース治療院代表)

自分でできるツボ押し健康法。東洋医学の鍼灸や指圧・あんまで使うツボ・経絡を実際に押してみて、感じましょう!ツボを押せるようになれば、自宅でもオフィスでも手軽にできるリフレッシュし、免疫力UPします。

7月22日
ローフード・ビューティー
わたしをキレイにする不思議な食べもの
■石塚とも(ローフードエヴァンジェリスト/映画評論家)

ローフードのパワーは計り知れないものです。この知識を知っているのと知らないのとでは、これからの人生の質に大きな差がついてきます。ちょっとだけ時間をとって勉強してみませんか。

9月16日
食がつなぐからだと宇宙
■若杉友子(野草料理研究家)

東洋には万物は陰陽より成ると云う言葉がある。一人の人間にも一本の草木にもつまっている。私達の顔には、陰陽は刻印されている。それを説き明かしていくと命のメカニズムがわかってくるし、この世の善と悪、偽と誠がとけてくる。特に大切な食物に於いては、自分の血液の立て替え、立て直しが出来、人生の生き方が変わってくるから陰陽は、21世紀の羅針盤になるでしょう。

9月30日
ハーブとアロマの科学
■林真一郎(薬剤師/グリーンフラスコ代表)

ハーブやアロマなどの植物療法は、伝統医学でありながらも科学的検証が進みつつあります。ハーブやアロマの作用の仕組みや日常的な活用法についてお話します。

10月10日(土)

 ★埼玉県飯能市名栗を訪ねる
 野草薬草ハイキング!

■鴇田節男(駿河台大学経済学部非常勤講師/樹木医)
山野草は野外に気を配れば、何処にでもあります。でも、名前とか生態や利用方法を覚えると、ただ歩いているだけで楽しくなります。清流、名栗湖で太陽に育まれた、豊かな自然の恵みを満喫します。


■山田直行(NPO法人名栗カヌー工房代表理事)

名栗カヌー工房は杉、桧の間伐材で手
作りのカヌーを作っています。四季折々には様々なイベントを行い、名栗からささやかに文化を発信しています。

10月21日
ホメオパシー入門
医療の現場から
■板村論子(帯津三敬塾クリニック院長/日本ホメオパシー医学会専務理事)

ホメオパシーは欧州における日本の漢方のような補完代替医療です。実際の症例をとおしてホメオパシーを理解していただき、治療の過程をできるだけわかりやすく紹介します。

11月4日
心を癒す花の療法
バッチフラワーレメディの世界
■林サオダ(一般社団法人バッチホリスティック研究会理事/NPO法人日本ホリスティック医学協会常任理事)

英国人医師バッチ博士が完成させたフラワーレメディは、ストレスを受けた時、心のバランスをとり戻す助けになります。「日々楽しく幸せに生きるために、自分で心のケアができたら」と考える方に、70年以上世界各地で使われている自然療法を紹介します。

11月26日
気功エクササイズでリフレッシュ
■津村 喬(評論家/著述家/気功文化研究所所長/NPO法人日本健身気功協会理事長)

気功は5000年以上の伝統を持つ奥深い世界ですが、日常の疲 労回復やちょっとした不調の調整にも役立てることが出来ます 。やさしい入門的な繰り返し運動を中心にします。

12月9日
ますます身近になってくる代替療法を賢く利用するために
■高橋利直(『ナチュラル・オルタ』発行人/ほんの木代表)

代替療法は医療、エステ、介護など多分野で期待されていますが、その基準にはまだ問題が多いのも事実です。代替療法の賢い利用の仕方について、ご一緒に考えてみませんか。

パンフレット請求

受講お申込み

ページの先頭へ戻る