PARC TOP表現の学校23.金村修の写真教室

23.金村修の写真教室

都市の一面をするどい視点で切り取ってきた写真家、金村修さんが、毎回受講生の写真を講評するクラスです。辛口なコメントもしばしば飛び出すので、写真を机に並べるときはちょっと緊張もしますが、講評を通して自分がどんなふうに世界を見ているかが分かります。講評を繰り返し受けるうちに、自分の視点を伸ばしていく撮り方や構図、より効果的な写真の選び方や並べ方などが身についていくでしょう。講評用には、フィルムカメラで撮ったモノクロの写真が望ましいですが、カラー写真やデジカメの写真でも大丈夫です。辛口ながらどこかユーモアのある金村さんのキャラクターもこのクラスの大きな魅力。

この講座のPDF版はこちら

全講座パンフレットのPDF版はこちら(約10MB)

講師
 金村 修(写真家)

呪術的な世界では人間と動物の区別が曖昧になり、人間と動物の見境が無く
  なっていくように、写真に撮られたものも生物と物質の境界を溶解させる。写さ
  れた対象の同一性は他の対象と混ざり合いながら、錬金術師が創りだす新し
  い生命みたいに、何者とも区別がつかない物質へと変化する。

【写真集】
  ・『My name is Shockhammer』 オシリス 2007
  ・『Crash Landing』モール 1995
  ・『OSAMU KANEMURA』ユミコチバアソシエイツ 1999
  ・『SPIDER'S STRATEGY』オシリス 2000
  ・『Happiness is a Red before Exploding』ワイズ出版
  ・『I Can Tell』芳賀書店 2001


講座の内容
・2009年5月〜2010年1月
・毎週木曜日 19:00〜21:00
・全15回/定員25人
・受講料40,000円
日程
5月: 14、28
6月:  11、25
7月:  9、23
9月:  3、17
10月: 1、15、29
11月: 12、26
12月: 10
1月: 14
パンフレット請求

受講お申込み

ページの先頭へ戻る