PARC TOP特別講座社会にモノいう初めの一歩 活動家一丁あがり!

特別講座 社会にモノいう初めの一歩
       活動家一丁あがり!

なんだ! この格差バンザイ・貧困社会は! うーん、こんな社会に何かモノを言いたい! 変えるために何かしたい! でもそのノウハウがわからない…。そんなあなた、まずは同じ思いをもつ人同士で集まりませんか? 「労働と貧困」の問題をテーマに、構造の把握や運動の歴史を学んだ上で、効果的な活動や運動の具体的なスキルやノウハウ、発信の方法について一緒に考え、動き出します。一丁あがり実行委員会とともに、今、活動家への扉をあけましょう!さあ、一緒に一丁あがっちゃいましょう!

この講座のPDF版はこちら

全講座パンフレットのPDF版はこちら(約10MB)

講座の内容
・2009年5月〜2010年3月
・基本的に隔週水曜日 19:00〜21:00
・全18回/定員30人
・対象:基本的には20代〜30代くらいまでの方
・参加費:1回300円
パンフレット請求

受講お申込み
5月13日一緒に一丁あがろう!オリエンテーション
5月29日「ニッポン的労働と貧困」を大まかに知ろう 湯浅誠
6月10日労働組合運動の現場を見よう 河添誠
6月24日「反貧困運動とジェンダー」赤石千衣子
7月11日(土)または12日(日)フィールドワーク!実際に何かのイベントに繰り出そう
7月22日労働運動の歴史 高橋均(労働者福祉中央協議会)
夏休みの宿題何かのイベントに参加してレポートを作成
労働と貧困に関する分野の課題本を読む…などなど
番外編
8月1日〜2日
バーベキュー&合宿with一丁あがり実行委員会
9月2日宿題発表
9月16日「自己責任」社会で生きる方法 猪股正(弁護士)
10月7日活動をするための準備を学ぼう+チラシを作ってこよう!(宿題)
10月21日活動に必要なロジとノウハウあれこれ
11月4日ネットを使いこなせば活動もより広がる!
安田幸弘(レイバーネット副代表&メディア担当)
11月18日ロビイングのイロハ 新里宏二(弁護士)
12月2日作ってきたチラシを見よう!
12月16日ロビイングされる側の本音―こんな活動だったら力になりたい
1月6日予備日
1月20日活動当日に向けての最終確認
3月おつかれ!イベントを振り返ってみよう
3月活動家一丁あがり!活動家総決起集会決行

協力:日本福祉大学アジア福祉社会開発研究センター

一丁あがり実行委員会

赤石千衣子

(ふぇみん婦人民主クラブ)

なんかおかしいなあと思ったら変えることもできるんだ、ってことを伝えたいな。

土屋トカチ

(ドキュメンタリー映画監修)

私も"活動家"になれるでしょうか? 共に参加させていただきます。楽しみましょう!

池田一慶

(ガテン系連帯 経堂代表)

活動家は人と人とを繋げる表現者。笑いあり涙ありで一丁あがりましょう。

松元千枝

(しんぶんワーカーズ・ユニオン/全国一般労働組合東京南部)

小さな声を拾って下から突き動かすうねりを一緒に作っていこう!

河添誠

(首都圏青年ユニオン書記長)

社会を変える原動力はなんといっても社会運動です。この講座のなかで少しでも、その楽しさを実感できればいいなと思っています。楽しく、かつ真剣に運動をつくってみましょう。

湯浅誠

(NPO法人自立生活サポートセンター「もやい」事務局長/反貧困ネットワーク事務局長)

「活動家なんて古臭い」と思っているあなたは、古臭い。「私は活動家です」と堂々と自己紹介できる社会へ。

熊谷伸一郎

(岩波書店『世界』編集部)

コトバと運動で社会を変えていくダイナミズムは、やみつきになりますよ。

内田聖子

(PARC事務局長)

毎日生きてて社会や人に「?」「!」「※」「&」と感じているあなた。もう活動家への道は始まっています。

須田光照

(全国一般東京東部労働組合)

社会を変えるには人が立ち上がるしかありません。どうすれば1人ひとりが声をあげ、行動できるのか。一緒に学び、語り、考えましょう。

京野楽弥子

(PARCスタッフ)

半丁前の私も一丁あがりたいと思います! つながって寂しくない社会へ!

●お申込方法

◇参加ご希望の方はA4・3枚以内に以下3つを書いてPARC事務局までお送りください。

◇応募者多数の場合は実行委員会による選考の上、全員に結果をお送りします。

◇締切日:2009年4月21日(消印有効)※メール・FAX・郵送いずれも可(締切日を過ぎた場合はご相談ください)

  1. 1. 何に、関心があってこの講座をとるのですか? それはなぜ?
  2. 2. この講座に何を期待していますか?
  3. 3. 活動家のイメージはどのようなもの?
パンフレット請求

受講お申込み

ページの先頭へ戻る