PARC TOPことばの学校01.世界を動かしたスピーチから英語を学ぼう!

01.世界を動かしたスピーチから英語を学ぼう!

ひとつのスピーチが世界中の心を動かし、歴史の大きな一ページをつくることがあります。この講座では、そんなスピーチから英語を学びましょう。

前半では、フレーズとしても美しい有名スピーチに触れ、スピーチの主になりきって、自分でも演説してみましょう。後半では、比較的近年に社会に影響を与えたスピーチに触れ、その背景と効果的な言い回しを学びましょう!そして最後は、先人の名演説を参考にしながら、簡単な英語で、自分のスピーチも作ってみましょう。「替え歌」ならぬ「替えスピーチ」を作ることも可能なので、英語がそれほど得意じゃない方も、どんどんトライしてみてください!

この講座のPDF版はこちら

全講座パンフレットのPDF版はこちら(約10MB)

講座の内容
・2010年5月〜12月
・基本的に隔週火曜日19:00-21:00
・全10回/定員30人
・受講料25,000円
日程
5月: 21
6月: 11
7月: 2, 16
9月: 3, 17
10月: 8, 22
11月: 12
12月: 3
使用予定スピーチ
◆マーチン・ルーサー・キング牧師「I Have A Dream 私には夢がある」
  黒人の権利を勝ち取る公民権運動のシンボル的存在となった、歴史的名演説
◆チャールズ・チャップリン―映画『独裁者』より
  第二次世界大戦中、ナチスを批判したヒューマニズム溢れるスピーチ
◆ネルソン・マンデラ―南アフリカ大統領就任演説
  長く苦しい戦いを勝ち抜いてアパルトヘイトを廃絶した、喜びと慈愛に満ちた演説
◆アウンサン・スーチー―「Freedom from Fear 恐怖からの解放」
  ビルマ軍政のもとで民主主義を求める人々に、「まず自らの心を無気力と恐怖から解放しなくては」と呼びかけた演説
◆ジョディ・ウィリアムズ―対人地雷禁止条約 署名会議での演説
  NGOが各国政府を動かしたICBMのスポークス・パーソンの、パワフルな演説た演説
◆エヴァン・スズキ―リオ環境サミットでの演説
  1992年のリオ地球環境サミットで、わずか12歳にして国連メンバーを前に堂々と話し、大反響を呼んだ演説た演説
◆ハーヴェイ・ミルク―映画『ハーヴェイ・ミルク』より
  ゲイとしては全米で初めてサンフランシスコ市執行委員に当選し、マイノリティの人権を主張した「希望のスピーチ」
◆ヴァイツゼッカー・ドイツ元大統領―「荒れ野の40年」
  ドイツはナチスの過ちをしっかり見つめようと強く呼びかけ、大きな話題となった演説
◆ケビン・ラッド・オーストラリア元首相―「盗まれた世代」に謝罪
  オーストラリアの首相が、初めて先住民族のアボリジニに謝罪した演説
パンフレット請求

受講お申込み

ページの先頭へ戻る