PARC TOP


ワンコイン・シネマ・トーク 2018

 グローバル化の時代といわれる今日、私たちは、身の回りにある「安さ」や「快適さ」がどのように形作られているのか、ふだん意識することがありません。しかし、ひとたび舞台裏に目を向けると、環境や人権をめぐるさまざまな問題が浮かび上がります。
 「ワンコインシネマトーク」は、PARC制作の映像作品を見て、講師のお話を聞き、参加者みんなで語り合う場です。自由に感想・意見を出し合い、ともに現代社会について考えましょう。

【6/4】 「差別や暴力と闘う途上国の女性たち」(解説:甲斐田万智子) 終了
【8/6】 「持続可能な漁業と魚食とは?」(解説:花岡和佳男) 終了
【10/15】「日本社会の縮図・コンビニ」(解説:土屋トカチ) 終了
【12/3】 「バナナと日本人―過去と現在」(解説:石井正子)

会 場:PARC自由学校教室
※アクセスはこちら

参加費:500円

※特別オープン講座につき、どなたでも参加可能です。

<お申し込みはこちらの申し込みフォームから>

バナナと日本人―過去と現在
『バナナ植民地フィリピン』
『甘いバナナの苦い現実』


日 時:2018年12月3日(月)19:00〜21:30 (開場18:30)

上映作品
『バナナ植民地フィリピン』『甘いバナナの苦い現実』

 安価な輸入果物の代表格、バナナ。しかし、その背後にあるのは、私たちが安いバナナを食べる一方で、低賃金の労働者の健康が農薬によって害されている現実です。フィリピンと日本の関係をバナナから見つめます。
 バナナ問題を日本社会に投げかけた故・鶴見良行の調査から約40年。生産地でいま何が起きているのか? 最近人気の「高地栽培バナナ」とは? PARCでは現在、新作を制作中です。旧新2作品を上映後、フィリピン・ミンダナオ島を歩く研究者・石井正子さんに「バナナと日本人」の過去と現在を解説していただきます。

解 説:石井正子
(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)

お申し込み
下記のフォームから入力されるか、
メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
申込フォームはこちら





差別や暴力と闘う途上国の女性たち
『女たちが語るインド』


日 時:2018年6月4日(月)19:00〜21:30 (開場18:30)

上映作品
『女たちが語るインド』

 貧困とカースト制度が根をはるインド社会。教育を受けることができず、親の決めた相手と結婚させられ、自分の財産すら持てない――そんな社会的境遇を変えようと活動するインド・グジャラート州の女性たちの姿を追います。上映後には、作中で女性たちと語り合った監修者の甲斐田万智子さんに、20年後の視点から解説していただきます。欧米を中心に、差別や暴力に対して女性が声を上げていく「MeToo(私も)」運動が広がりを見せている今日、途上国の女性たちはどのような差別や暴力に直面し、どのように声を上げようとしているのか。議論します。

解 説:甲斐田万智子
(認定NPO法人 国際子ども権利センター〈シーライツ〉代表理事/文京学院大学教授)

お申し込み
終了しました



持続可能な漁業と魚食とは?
『食べるためのマグロ 売るためのマグロ』


日 時:2018年8月6日(月)19:00〜21:30 (開場18:30)

上映作品
『食べるためのマグロ 売るためのマグロ』

 日本食の代表、刺身。なかでもマグロは、1年を通して最も広い売り場面積を占め、このかつての高級魚を私たちは手ごろな値段で買っています。しかし、東京・築地、清水、境港、奄美大島、メキシコ、フィリピン、中国・大連の各地の取材から見えてくるのは、乱獲や資源の枯渇、環境への負荷、豊かになれない漁民たちといった問題の数々。マグロを通してグローバル化する「食」の構造を検証します。上映後の解説は、元・国際環境NGOグリーンピース海洋生態系担当で、漁業コンサルタントの花岡和佳男さん。築地移転やオリンピックが迫るこの東京で、日本の漁業と魚食の将来を考えます。

解 説:花岡和佳男
(株式会社シーフードレガシー代表取締役)

お申し込み
終了しました



日本社会の縮図・コンビニ
『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』



日 時:2018年10月15日(月)19:00〜21:30 (開場18:30)

上映作品
『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』

 日本全国に約5万5000店存在するコンビニエンス・ストア。しかし、ほぼすべてのコンビニは「フランチャイズ・チェーン方式」の個人営業店。年中無休の24時間営業と多様化するサービスの裏では、オーナーとアルバイトが長時間労働やノルマに悲鳴を上げています。さらに、24時間棚に商品が並ぶ店舗からは、毎日大量の食品が廃棄されています。コンビニを通して、私たちの社会の生産、消費、労働のあり方を考えます。上映後には、監督・土屋トカチさんと元コンビニ・オーナーによるトーク。身近な存在・コンビニから浮かび上がる問題を一緒に語り合いましょう。

解 説:土屋トカチ
(映画監督)

お申し込み
終了しました




********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office@parc-jp.org

********************************************