PARC TOPオーディオ・ビジュアル価格について

価格について

●DVD・VHSの購入の価格●


<<一般価格>>

個人で視聴になる場合の価格になります。


<<図書館価格>>

学校・図書館などでご使用になる場合の価格です。授業でご使用になる場合、また研究機関に所蔵する場合も図書館価格になります。

図書館価格のご利用の範囲は以下のようになります。

・施設内における個人視聴
・施設内における上映
・施設外への個人貸出
・施設外への団体貸出


※図書館価格でご購入された場合の作品上映について※


授業で使用される場合など、特定できる視聴者に向けての施設内での上映は、図書館価格に含まれます。
ただし、不特定多数の方を対象とした上映会を行う場合、上映料が設定されている作品があります。
下記のT.に当てはまる作品の場合、別途上映料のお支払いをお願いいたします。



●上映料●


上映料金は、大きく二つの料金体系に分かれています。

※上映会をご希望される場合、詳細についてはPARC事務局までお問合せください。


T. 一回についての上映料の定められている作品

DVDをご購入いただいたうえで、上映会一回ごとの上映料をお支払いいただきます。

●上映料 ¥5,000+税

○ゼロから始める主権者教育―18歳の選挙権


●上映料 ¥10,000+税

○薬は誰のものか―エイズ治療薬と大企業の特許権
○支えあって生きる―社会的企業が紡ぐ連帯経済
○遺伝子組み換えルーレット―私たちの生命のギャンブル
○もっと!フェアトレード―世界につながる私たちの暮らし
○ブラックバイトに負けない!―クイズで学ぶしごとのルール
○有機農業が拓く地平―インド ティンバクトゥの挑戦
○検証!オリンピック 華やかな舞台の裏で
○誰のためのTPP?自由貿易のワナ
○ハードレイン

※ウェイク・アップ・コール/スマホの真実
の自主上映については、アジア太平洋資料センター事務局まで、お問合せください。

※ヴァンダナ・シヴァの いのちの種を抱きしめて with 辻信一  
の自主上映については、「スロー・シネマ・カフェ」http://www.sloth.gr.jp/movements/slowcinemacafe/からお問合せください。


U.一回についての上映料の定めのない作品につきましては、図書館価格でご購入いただければ、何回でも上映会を開催していただけます。

☆一回についての上映価格の定めのない作品☆
○ブラック企業にご用心!就活・転職の落とし穴
○有機農業で生きる わたしたちの選択
○お米が食べられなくなる日
○原発、ほんまかいな?
○世界をめぐる電子ゴミ
○近くて遠い、遠くて近い貧困問題
○海と森と里と
○食卓と海
○パームオイル 近くて遠い油のはなし
○食べるためのマグロ、売るためのマグロ
○バイオ燃料
○ペットボトルの水
○となりに生きる外国人
○水は誰のものか
○エビの履歴書
○徹底解剖100円ショップ
○あぶない野菜
○コーヒーの秘密 南北問題が見えてくる
○エビの向こうにアジアが見える
○奪われたエビ
○バナナ植民地フィリピン
○種子をまもれ
○東ティモール 世界でいちばん新しい国
○開発は人びとの手で NGOの挑戦・フィリピン農村開発
○巨大ダムの終わり 人びとは開発を問う
○緑の砂漠 植林が環境を破壊する
○切り売りされるタイ プーケット島の観光開発
○女たちが語るインド
○もうひとつの戦争 インドの人口政策と女性たち
○働く子どもたち 私たちの声をきいて!ブラジルの児童労働
○路上の子どもたち ブラジル・ストリートチルドレンの闘い
○風の記憶 先住民族の500年
○ジャビルカ 私たちの電気がアボリジニの大地を壊す
○台湾原住民族の声
○債務危機のカリブ 財布に鎖をつけられて
○債務の鎖をたちきるために
○死を招く債務IMF・世界銀行とニカラグア
○ゴミを生かす人びと
○こんにちは貢寮
○危害の輸出