PARC TOPオーディオ・ビジュアル作品詳細

ドキュメンタリー映画
薬は誰のものかーエイズ治療薬と大企業の特許権

薬は誰のものか

ドキュメンタリー映画『fire in the blood』は、2013年にインドで製作された作品です。監督のディラン・モハン・グレイ氏はこれまでも数々の社会派ドキュメンタリーを製作してきました。
 アフリカ諸国はじめ世界でHIV/エイズに苦しむ数千万の人々−。1996年に抗レトロウィルス治療薬が開発されると、欧米の先進国では一気にエイズ治療への希望が開けました。しかし貧困国では高額な薬は手に入りません。安価なジェネリック医薬品は製薬企業の特許権によって独占され、製造も輸入も禁止されていました。「命を守るのになぜ特権が必要なのか?」「薬の本当のコストは?」「欧米社会はなぜアフリカを見殺しにするのか?」。映画では特許の壁を破り、途上国に安価なジェネリック医薬品を届けようと医師や活動家、製薬会社などが奔走します。 根本的な問題は、欧米諸国の政府と企業が一体となって進めてきた自由貿易推進の流れです。WTOやTPP、TiSA、RCEPなどの貿易協定の中で、医薬品の特許権はどんどん強化されようとしていることに、国際市民社会は懸念の声をあげています。  薬は誰のものか――。  貧富の格差が、医薬品アクセスの格差につながることを、私たちは見過ごしていいのでしょうか?  大企業の薬の特許や現在の貿易や経済のあり方は、本当に私たちを幸せにするのでしょうか?  映画は多くのことを私たちに問いかけています。


  • 監督:ディラン・モハン・グレイ
  • 原題:Fire in the Blood
  • 配給:SPARKWATER INDIA PRODUCTION
  •      インド/ 2013年
  • DVD/カラー/84分/片面1層/regionコード:All/音声・英語 字幕・日本語/2016年
  • 本体3,000円+税(図書館価格:本体15,000円+税)




注文する





日本語版製作

監修
稲場雅紀
字幕
内田真木子
編集
脇元寛之
企画・制作統括
内田聖子
協力
首藤信彦/サキコ・フクダ・パー/アフリカ日本協議会/モーション・ギャラリー
制作
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)2017年
資料

※資料をダウンロードできます。


ページの先頭へ戻る